自己投資は最高の投資!やらない手はない!

「自己投資ってなに?何をすればいいの?」 「自己投資に取り組む意味って?」「どんなメリットがあるの?」 こんにちは、うりぼーです! 今日はいつもと変わってお金以外の話題を語っていこうと思います。 とは言っても、「経済的自由・自立を目指す」ブログのテーマに沿う形でやっていきます! 今日のテーマは自己投資です。 皆さん、自己投資やっていますか? もしくは続けていますか? まだ、自己投資がどんなものかよくわからない人も、一回はチャレンジしかけたけど忙しい毎日の中で挫折した人も このブログを読んだことがキッカケで自己投資と(もう一度?)向き合っていただけたら嬉しいです。 自己投資も投資の一つ このブログは「経済的自由・自立」を掲げてることからいろんな種類の投資を紹介しています。 投資もさまざまですが、例えば… 株式 債券 投資信託・ETF 金 コモディティ(商品) 不動産・REIT FX・暗号通貨(ビットコインなど) などがあります。このうち”投機”と言われるものもありますが、投資と投機の違いははっきりしないため投資と一般に言われるものはおよそ上記の通りとなるかと思います。 これら「投資」と「自己投資」の違いは 資本が金融資産か自分の身体か お金が稼いでくれるのか 自分が稼ぐのか の違いです。 なんのために自己投資するの? 何のために自己投資に時間、お金を割くのか… それはずばり 先述した株や投資信託などの資産運用による投資は大きな種銭と時間がかかります。 例えば、利回りが5%程度期待できるインデックス投資を行う場合も、投資で利益を得られると実感できるのは およそ1000万円以上運用した場合で、1000万円の資産を利回り5%で運用できたとしても、1年間に得られる配当は50万円です。 それに対して、極論を言えば、自己投資は正しい知識・考え方を取り入れたり、スキルを身につけた瞬間から 自身の市場価値(給料)、他人への影響力(他人からの評価)、健康的な生活習慣が身につきます。 心が変われば 行動が変わる  行動が変われば 習慣が変わる   習慣が変われば 人格が変わる    人格が変われば 運命が変わる William James -哲学者・心理学者 この一文は松井秀喜が好んだとされる哲学者ウィリアム・ジェームズの言葉と言われていますが 山下誠司さんの著書『年収一億円になる人の習慣』の巻頭にも引用されています。 本を読んだり、動画を見たりで運命が変えられたら素敵だと思いませんか? 何より「コスパがいい」!やらない手はない、というわけです。 具体的に自己投資とは? では、具体的にどんなことをやればいいの? 世の中で自己投資と言われるものには、次のようなものがあります。 運動習慣をつける 運動習慣を身につけることで、免疫力がupする、睡眠の質が上がる、日々の生活に充足感を得られるなどのメリットがあります。 これらの効果は、自宅での自重トレーニングや朝活でのジョギング、ランニング程度でも効果が出ることが分かっています。ジムと契約してフィットネスの意識高い系に囲まれてするのも一つのやり方ですが、そこまではちょっとという人も朝30分早く起きて朝活してみてはいかがですか? 勉強する これぞ 『the 自己投資』って感じですね。 現代にはいろんなメディアを通して学ぶことができます。 本を読んだり、動画を視聴したり、セミナーに参加してみたり、と正しい知識や考え方、新しい技術を習得することは一昔前と比べると随分ハードルが下がりました。あとは、そういった有益なリソースに手を伸ばすのかどうかは皆さん次第です。 本を読む時間なんてないよ、という方もPodcastやFlyerといったアプリ、audibleといったサービスを利用することで短時間で学ぶことが可能となりました。 仕事(本業)に勤しむ 仕事することが自己投資ってどういうこと?思ったかもしれません。 しかし、今の仕事に打ち込むことが、より高い専門性を獲得することにつながったり、それが転職する際に評価されたりすることもあります。本業が嫌でたまらない場合は別ですが、本業を頑張ることは決して無駄じゃないんですね。 「専門性を上げること」も立派なスキルアップの1つで、自分の市場価値を上げることにつながります。 自分が集中できる環境を整える コロナでテレワークやリモートワークが進んだことで、職場環境が変わったなんて人も多いかもしれません。 会社に出社せずに、自宅やカフェで働き、必要なときのみ会社に行くという様なスタイルが定着するかもしれません。 私の勤務先も会議はすべてzoomやGoogle meetsなどで行うことになり、曜日ごとに出社するといった勤務形態の変化がありました。 そうなると、これまでは『ゆっくり憩う場』であった自宅に『仕事をするオフィス』といった要素を盛り込まないといけないことに。 私が自宅のオフィス化で必要だなと思った点は ネット環境の整備 業務効率化(外付けモニターの使用によるマルチモニター化など) 長時間集中できる環境整備(身体に負担がかからないようなデスクチェアなどのハード面やポモドーロテクニックのようなソフト面) でした。一度、落ち着きつつあると思われた新型コロナも再燃傾向であり、テレワークやリモートワークは今後も必要となると思われます。こういった自宅環境の整備への投資も悪くないのではないでしょうか。

貯蓄はまず3大固定費を見直すことから!?

こんにちは、うりぼーです! 今日も一緒にお金の勉強をしていきましょう! お金を稼ぐ、貯める、増やすで一番大事なのは貯める? 経済的自由を獲得するためにはお金のなる木※を育てながら、稼ぐ→貯める→増やすのサイクルを回すことが大事と述べてきました。 稼ぐ・貯める・増やすはすべて大事な要素で どれが一番大事というものはありません。 しかし いきなり3つを同時に始めてください と言われても戸惑うと思います。 稼ぐ→貯める→増やす のサイクルを効率よく回す秘訣は実は「貯める」から始めること 特にお金の勉強を始めたばかりの方は「どんな投資をすればいいか」や「どんな副業が稼げるか」に注意が向うと思いますが、まずは貯める、貯蓄に意識を向けるのはどうでしょうか。 ※「お金のなる木」=株などの投資、不動産、コンテンツ制作などの副業 支出をダイエットさせる意味 あなたの稼ぎを蛇口から出る水、あなたの資産をバケツに溜まった水の量、支出をバケツの穴から出ていく水とイメージしてください。 いくら蛇口をひねっても、バケツの穴が大きければバケツには一向に水が貯まらないというのは分かっていただけると思います。 例えば、ですが 株式や投資信託などで月に1万円の配当を得るにはいくらの種銭が必要と思いますか? 利回り5%と想定すると、月1万円の不労所得を得るには約240万円の運用資産が必要となります。 毎月1万円の不労所得を得ることと、支出から毎月1万円節約することは資産に与えるインパクトは全く同じです。 しかし、240万円の運用資金を作ることの大変さに比べると 月1万円節約するほうが現実的とは思いませんか? お金を稼ぐ・増やすためには 自己投資をして給料を上げたり、転職して稼ぐ力をアップ 正しい知識を種銭をつくって副業や投資で稼ぐ などが必要となり、時間も手間もかかりますが、支出を減らすというのは自分だけの判断で今日から実践できる ”節約”は家・保険・車にかかる費用を見直すところから 節約というと…電気をこまめに消したり、食費を削ったり、節水したり思い浮かびますが こういうものは手間の割に効果が薄く、「バケツの大穴」を塞ぐことが重要です。 人生における3大出費=家・保険・車から手をつけよう! 支出の中で大きなウエイトを占めるのが固定費です。 例えば、住居費でいえば生涯約3,000万円 保険は約2,000万円 車は20歳から70歳まで乗ると約4,000万円程度かかると言います。 「家」にかかる費用と言っても、賃貸だと家賃の他に共益費や管理費、駐車場代や火災保険などいろんなものが含まれます。 かつては、『家賃の相談は収入の3割』と言われてましたが、果たして本当にそうなのでしょうか? 今回はここまで 次から具体的にそれぞれ見ていきたいと思います。

不労所得を実際に目指す道筋・考え方

みなさん、お金の話は好きですか? お金の話は”汚い”、”人前で話すことじゃない”と敬遠しがち でも、私達が生きていく上で欠かせないもので 清貧という言葉はキレイな響きがあるけれど 選べるのであれば 人はみなお金持ちになりたいと思っている このブログは皆さんとお金の勉強をすることで少しでも明日が今日よりも良くなれば、と思って書いています。 今回は不労所得、投資、複利の力を中心に勉強していきましょう。 不労所得で生活する具体的なステップ 不労所得と聞いて 皆さんは何を思い浮かべました? 私はお金の勉強を始める前は、不動産を買って大家さんになり家賃収入を得ることだと思ってました。 もちろんそれも立派な不労所得の一つではありますが、世の中には他に幾つも種類があるのです。 資本家、資産家の様に不労所得で生活していくための条件って何だと思いますか 小学校レベルの算数の問題で 「支出<労働収入+不労所得」となれば、資産は増える そして、「支出<不労所得」となればお金は増え続ける 余った分は再投資へ回す 複利の力を借りて資産は増加、一生お金には困らない お金のなる木:投資について 「お金のなる木」「金の卵」にはいくつか種類があると説明しました。 今回は投資について少し掘り下げて見ていきましょう。 投資なんか縁がない、やったことがないと思われる方もいらっしゃると思いますが 実は、日本人のほとんどはすでに「投資家」なんです。 ほとんどの人はタンス預金だけではなく、銀行預金をしているはず 銀行はみなさんから預かったお金で資産運用しているのです。 これは銀行という金融機関に日本円を預けて間接的に投資している様なものですが、銀行に預けることにメリットはあるのでしょうか? 利回り、利子とは 銀行に100万円預けて、1年後に1万円もらえると仮定しましょう(そんな高利率なわけありえませんが笑) この場合、1万円が100万円の利子で、「利回り」が1%となります。 https://diamond.jp/articles/-/240088 銀行に預金すると金利がつく 利子がもらえる 株や投資信託を買うと配当=利子がもらえる 不動産を買うと家賃収入が入る お金に働いてもらうというのは こういうこと お金を投資に回すことで得た利子はさらにもう一度投資に回すことで複利効果を狙い不労所得で得られるお金は雪だるま式に大きくなっていく。 答えは… 銀行預金が一番安定してますね(笑) 例えば、年利5%のものに投資をするとして 毎月10万円の不労所得を得るための種銭はいくらになる? 答)毎月10万円なら約2,400万円の元手(種銭)が必要… そんなお金がポンと出てくるようであれば経済的自由なんかとっくに確立している 不労所得>生活費を目指すステップ 生活費<不労所得を目指すステップとしては 給料以外(本業以外)の部分で稼ぐ力が必要 本業(給料)だけでは貯めるのに時間がかかりすぎる 効率よくお金を貯めるために、余分な支出を減らす  穴が空いたバケツには水はたまらない 投資する(お金にも同時に働いてもらう) 貯めたお金を守る 税金や人間関係 お金に対する正しい知識を身につける 世の中「知らないと損すること」だらけ これは順番にではなく、同時並行して行うことで効率を上げることができる 今後、このブログでは効率よく資本家、資産家に回るために 今回はここまでっ 終わり!

お金の自由を得るための基本的な考え方

お金の自由を得るための基本的な考え方=【結論】お金のなる木を育てよう! こんにちは 兼業ブロガーのうりぼーです。 世界最大の年金基金、年金積立金管理運用独立法人(GRIF)の2020年1-3月の運用成績が出ましたね。 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-03/QCSFX1T0AFB401?srnd=cojp-v2 GRIFとは、簡単に言うと私たち働く世代から回収した年金を資産運用して利益を還元しようという会社ですが、、 なんと17.7兆円の爆損… 短期の運用では2019年度では-5.2兆円と短期間では運用益がマイナスで報じられることも多いですが 2001年度から2019年度までの中長期で見ると…+2.58兆円とまずまず!? 今日もお金の勉強をやっていきましょう! このブログを読めば… お金の自由を得るための基本的な考え方が身に付く。 お金の自由を得るためにどうすればいいのかイメージが付く。 お金の自由を得るために何をすれば良いのか 反対に何をしてはいけないのか分かるようになる。 お金の自由を得るための基本的な考え方とは  皆さんにとってはお金はどんな存在ですか? もしかしてお金は「使うもの」「消費するだけ」のものになっていませんか? 自分がお金のために働くだけでは経済的自由は一生手に入りません。 あなたのためにお金に働いてもらう必要があります。 このブログではお金を稼ぐ・貯める・守ることに焦点を当てて解説していきますが 全てのことは お金があなたのために稼ぐ システムを作ることに集約されます。 お金に関する正しい知識は学校では教えてくれません。 お金の増やし方を学んで一緒に人生を変えていきましょう そもそも『お金持ち』とは? 『庶民』の悲しい現実 そもそもいくら持っていたら「お金持ち」なの? 一般的には「富裕層」は純金融資産保有額が1億円以上のことを指す。 ※「純金融資産保有額」=預貯金、株式、債券、投資信託、保険などから負債を引いた合計 2018年の野村総研の報告では、日本の富裕層は127万世帯で前回推計(2015年)から増加傾向! 野村総合研究所HPより引用 https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2018/cc/1218_1 統計上は富裕層は増加してますが…皆さんは潤ってますか? 統計をみると、ほとんどの世帯は資産3000万円未満のマス層で(それはわかる) さらに悲しい事実としては日本の40歳の平均資産はなんと-1000万円 え?ってなりますよね。ほとんどの人が負債を抱えて生きてるなんて 大半の人がなぜこうなるかと言えば、所得が増加するスピード<支出が増加するスピード だから。 労働者が「お金のために働く」一方で 富裕層、資本家は「お金があなたのために働く」 やはり、トマ・ピケティーのいう r > g は正しかったんですね。 『お金がなる木』を手に入れよう! 1億総中流と言われた日本でも格差社会が広がりつつあるのは現実 庶民から富裕層を目指すには、労働者から資本家に回らないといけない つまり、投資(お金がなる木)をしないと 労働者のままでは一生お金持ちにはなれないということ。 まずは労働の時間単価を上げよう!(セミ不労所得) 投資をすれば良いのは分かったけれど、なにをすれば良いのか分からないし、そもそも投資する余裕なんてない! という人も多いと思います。お金のなる木を作るには種銭が必要。 だからお金を稼ぐ・貯める・守ることが必要 具体的には支出を減らす→まずは労働収入を増やして→お金のなる木の元手を作る 少ない労働力あるいは自らの労働力とは別にお金が増える仕組みを作ることが大事なんです。 お金のなる木とは、そんなに種類があるわけじゃなくて 合法的なもの、投機的なものを除けば コンテンツを作る(サイトを作る/ブログを書く/You Tubeなど) 会社を作る・事業をする(起業をする) 株・債券を買う 不動産を買う、家賃収入 上記を生み出すための自己投資をする 要は、稼ぐ力を付けつつ、無駄な支出を抑え、かつ お金のなる木の苗を買えばいいって話なんですね。 今回の話は一旦ここまで おしまいっ!

自由な生活を手に入れるためには

皆さんは好きな事をして生きていますか? まさにYou Tubeのキャッチコピーそのままですが あのキャッチコピーが響くのは 好きな事をして生きている人が少ないから 好きな様に生きるために必要なもの  それはお金 お金があれば、幸せになれるのか? お金がなくても幸せにはなれる しかし あった方が幸せに近づけるし 避けられる不幸もある お金があれば 『制約が少なくなる』=『自由に近づける』 お金で得られる自由とは? 経済的な自由 時間の自由(ゆとりのある時間) 人間関係の自由、円満な人間関係 場所の自由(暮らす場所が選べる) 心身の自由、余裕 選択の自由(やりたいことを実現させられる、やりたくないことを避けられる) 自由はお店で買えない。自分で勝ち取るしかない。 世界一貧しい大統領 ホセ・ムニカ 少なからず皆思ってること 大富豪にないたいわけじゃないけど、自分に素直に生きていけるくらいの自由が欲しい 自由になるには 自由は 自分自身で努力して勝ち得るしかない お金の勉強、自由を獲得する方法は学校では教えてくれない 自由になるには スポーツや芸事と同じで 正しい知識と考え方が必要 自分も諸先輩やいろんなメディアを通して学んで実践&失敗を重ねてきた 正しい知識と努力で経済的自由・自立を目指す 皆さんの”一歩”を後押しする そんなブログを目指しています